新着記事

2006年01月17日

宮崎被告の死刑確定

東京都と埼玉県で1988−89年、幼い女の子4人が相次いで連れ去られ殺された幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業手伝い宮崎勤被告(43)の上告審判決で、最高裁第3小法廷は17日、1、2審の死刑判決を支持し、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。4人の裁判官全員一致の判決。
 判決理由で藤田宙靖裁判長は、最大の争点だった、善悪を判断して行動する能力(刑事責任能力)の有無について、「極端な性格的偏り(人格障害)で精神障害ではない」として完全責任能力を認めた1、2審の判断を「正当と認められる」と支持。その上で「性的欲求や死体を撮影した珍しいビデオを持ちたいという収集欲に基づく自己中心的、非道な動機で、酌量の余地はない」と死刑の理由を述べた。



----------------------------------
 ライブドアや構造偽装問題の証人喚問でTVではあまり取り立たされていませんね。

 事件から17年ですか。やっと判決が確定しました。
 争点は精神障害かどうか。
 事件の異常性から見ると精神障害の疑いは出ても不思議ではありません。しかし争点を冷静に判断した各裁判における判決は的確だと感じます。

 他のニュースでは宮崎被告が知人の男性に依頼して「死刑反対」を主張したHPを開設しているらしい。そのサイトには宮崎被告の名前などの記載はないそうだ。どんなサイトなのか興味はちょっとある。

 死刑判決は賛否両論で、これは永遠に結論の出ない論議だと思います。ちなみに私は賛成です。論点を人権の点で見ると、死刑に値すると判断されるような事をしている者が、そもそも人権を保護するような人間なのだろうかと思います。人権を無視し、犯罪を犯した者に対して、その人権保護の為に死刑はいけないというのは矛盾を感じます。しかし犯罪を犯した者は「私にも人権はある」としばしば言います。これほど矛盾した意見はありません。
 よって宮崎被告に対する死刑判決は死刑に値する罪を行った被告に対する妥当な刑だと思います。


 17年経って判決が確定したが、被害者並びに被害者の家族はどう思っているのだろうか?







◆あきたクルマが、現金になる!!ガリバーの簡単査定
posted by admin at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(2) | 社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。